結果とプロセスはどちらが大事か?

結果がたとえでなくても頑張ったことは無駄にならないし何らかの形で将来に生かされるからプロセスが大事とか考える人もいます。昔は私もそのような考え方でした。
ですが、今は私は結果の方が大事だと考えます。
そもそも仕事や勉強で結果を出すには日々の努力の質や量、戦術、戦略等のプロセスをきちんと実践しないと結果はでないものです。
プロセスが結果より大事と考えている人に限ってプロセスをおろそかにして結果を出せず、結果の方がプロセスより大事と考えている人に限ってプロセスをきちんと実践し結果を出せているのはなんとも皮肉なことです。
プロセスが大事だと自分に言い聞かせ結果を出せないことの言い訳にせずに、結果にこだわっていこうと思っています。

真面目なことはいけないことなのか?

まず上記について考える前に真面目の意味について記載します。
真面目とは①本気であること。うそや冗談でないこと。
➁まごころをこめること。誠実なこと。
*以下本文章ではこのような意味で論を進めますので器用とか要領の意味は含めておりません。

このように辞書的な意味では真面目に対しマイナスのイメージはありません。
ですが日本では真面目という語が否定や侮辱を伴った意味で使われることがよくあります。
しかもそれが全く関係ない第3者だけでなく、親や仲間が言ってきたりするのです。
私も真面目だと昔侮辱的なニュアンスで言われ傷ついたことがありました。

そもそも真面目なのはいけないことなのでしょうか?
才能の問題もありますが、孫正義さんやビルゲイツさんのようなビジネスで成功された方もそうですしイチローさんや大谷選手のようなスポーツ選手もですが一流の方は真面目に徹底的な努力をしています。おれは勉強していないと言ってテストではいい点を取る人も陰では努力をしていました。もちろんただがむしゃらにやればいいというわけでなく工夫をしながら努力を継続しないと結果は出にくいですが。真面目にやらないと結果は出ないわけであって世の中の成功者はほぼ例外なく真面目なのです。

では真面目な人を馬鹿にする人がなぜいるのか?
意識的か無意識的かは別として以下のような理由があると考えます。
①自分も周りから真面目だと馬鹿にされた。
➁相手を真面目だと否定して自分が精神的に優位に立ちたい。

このような自分にたいして真面目だと否定的なニュアンスで侮辱してくる人に対してどのように対応すべきでしょうか?
①不快だと指摘する→相手の気分を害さないよう表現を工夫する必要はありますが。
➁適度に距離を置く→一番楽かとは思いますが自分の言いたいことをうまく相手にわかってもらうためのコミュニケーション能力はつきにくいと思いますが。
③自己啓発メンタルトレーニング、その他心理学等を勉強することでセルフイメージを高めておき否定的なことを言われても心が傷つかないように自己防衛技術を磨いておく。
④距離も置けず逃げるのも不可能であれば紙にうらみつらみを書きまくってストレスを解消するとともに要領や仕事術や勉強術などを徹底的に磨きつつ仕事や勉学に励みその人よりももっともっと仕事や勉強で圧倒する成果を出す。

真面目だと言われ傷ついている方に言いたいのは、真面目なことは素晴らしいことであり才能の1つだということです。自分と周りをもっと幸せにできるよう今後も真面目にあることを心から誇りに思って生きていただきたいです。
今日も読んでいただきありがとうございました。

===========================
 深堀法務行政書士事務所
 〒852-8112 長崎県長崎市本尾町1‐56
 TEL:095-807‐0022

 FAX:095-849-0421
 E-mail:mp48073110@yahoo.co.jp
 
===========================

ソロハラスメントについて

私は独身なのですが、30歳過ぎてから結婚しないのか。早く結婚して子供を作れ。相手を選びすぎているんじゃないか。甲斐性がないから結婚しないのか。結婚しないのはなにかに問題があるのか、結婚はいいよと言ってくる人が出てきました。

言いたくはないですが一般の方だけでなく職務倫理や法令を遵守し差別やハラスメントをしないよう社会に啓蒙すべき立場にある士業の仲間にもそのようなことを言う人がいます。とりわけ気が緩む酒席の場が多いですが。

例えそのような発言が善意のアドバイスのつもりでも冗談でも不快ですし、そのようなことを言われる私の気持ちや生き方を尊重してくれないんだなと思ってしまいます。

好きな人同士が結ばれる結婚式なんかをみるといいものだなと思いますが。。
私は基本結婚したい人は結婚すればいいという考えです。
愛情が例えなかろうが、生活の為であろうが、家の存続のための結婚であろうがお互いが婚姻意思があればそれは最終的には本人の意思だから結婚していいと思います。
ですが結婚しない人に対し善意であれ冗談であれ結婚を押し付けてくるのはけっこう不快です。
日本は昔に比べたらシングルの人も増え、結婚しろという人も減っているようですが、まだまだこのようなハラスメントがあります。少しでもソロハラがなくなり生きづらさが解消されればと思い書いてみました。

以下関連する東洋経済の記事のHPアドレスです。
https://toyokeizai.net/articles/-/181926
お読みいただきありがとうございました。

===========================
 深堀法務行政書士事務所
 〒852-8112 長崎県長崎市本尾町1‐56
 TEL:095-807‐0022

 FAX:095-849-0421
 E-mail:mp48073110@yahoo.co.jp
 
===========================


人間関係に損得勘定を持つのはだめなのかについて

正直私は人間関係に損得勘定を持ってしまう方なのですが、とあるイベントで歓談していたところ、ある方にそのことを話したところ、人間関係に損得勘定を何で持つんですかと聞かれました。
そのことを思いだしてもしかしてそういうことを言われて自己否定された気分になる方いるかなと思い書いてみます。

*損得勘定とは私の定義では金銭や仕事につながるだけの経済的なものだけでなく仲間とのつながり、人間性とか、気が合うとか、新しい視点をもたらせてくれるとか、自分の殻を破れるきっかけになる等も損得勘定には含めています。

その時はうまく答えられませんでしたがあとあと考えてみると以下のようなことなのかなと思いました。

○私に暴言や侮辱、パワハラ、差別やこころない発言等する人たちがこれまでの人生で多くいた。その人たちとは当時は今よりも未熟だったので人間関係を断ったり、うまく距離を置くことができなかった。自分にとって付き合っていい人間かどうか損得勘定をしっかり持てばこうした自分を害悪を与えかねない人間と可能な限り接しなくてすむ。だから人間関係には損得を求めるようになった。

○私のことを考えず無駄に時間を奪ったりストレスのはけ口にしてくる人を排除したいため。来るもの一切拒まずでは自分に害ある人間も引き寄せることになりいいように利用されてしまうような意識がある。

ただ常に損得勘定で考えているわけではなく、がまんしたり妥協することもありますし、好きな人や気が合う人、お世話になった方には費用対効果を考えてトータルでは損であっても付き合うことも多いです。ですので損得勘定一辺倒というわけでもないですが。。

上記のような考えから私は人間関係に損得関係を求めるのは悪いことではなくむしろ良いことであると考えます。もちろんあまりに度が過ぎると良くはないかとは思います。

損得勘定する人を批判する行為が、そもそも損得勘定しているように思うのは私だけなんでしょうかね?

今後も人間関係では損得を考えていく主義であるし、私も付き合う方にはもっともっと何らかの得を与えられる人間になっていきたいと思っています。

お読みいただきありがとうございました。

===========================
 深堀法務行政書士事務所
 〒852-8112 長崎県長崎市本尾町1‐56
 TEL:095-807‐0022

 FAX:095-849-0421
 E-mail:mp48073110@yahoo.co.jp
 
===========================

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
長崎県全域、佐賀県、福岡県
業務の内容次第では全国対応可能です。

連絡先 お問合せフォーム