なぜ法令を守る必要があるのか

個人間での売買契約等のように個人と個人が契約する場合はお互いの合意がある以上契約を守る義務が発生するのは納得がいくかと思います。

ですがそもそも法令の場合は特段国民が一人一人国家等と遵守する旨合意したわけではありません。合意がないのになぜ私達は法令を守らなければならないのでしょうか?
私なりに考えてみました。

*ルソーの社会契約論等専門書をしっかり読んでの記事ではありませんのであくまで私見ですのでうのみにはされないでください。コラムにつきましては私の独断と偏見で書いていますのであくまで読み物としてお楽しみください。

①社会契約論の影響
各人は契約を交わしたわけではないが各々の人権保障や社会秩序維持のため主権者たる各人の集合である一般意思が社会と契約を交わしたと法概念上擬制したため順守義務が生じる。

➁間接民主制
民主的選挙で選ばれた民意を代表した国民の代表者達が議会で討議し可決・成立した法律であるから、各人が直接法令を守るという合意をしていなくても契約の順守義務が生じる。

このような理由が背景にはあるのかなと思います。

なお私は法令を守るのに否定的な立場ではありません。法令を守ったほうが人権が擁護されることが多いし社会も安定することが多いから原則きちんと法令は守るべきと考えています。ただし国民の利益にならなかったり不合理な法令や人権や自由を過度に制約する法令に関しては守る必要性は低いと考えています。


お読みいただきありがとうございました。

===========================
 深堀法務行政書士事務所
 〒852-8112 長崎県長崎市本尾町1‐56
 TEL:095-807‐0022

 FAX:095-849-0421
 E-mail:mp48073110@yahoo.co.jp
 
===========================

憲法改正をすべきかについて

最近憲法改正のニュースが出ていますのでとりあえず憲法について書いてみようかと思います。

前提知識として憲法とは国家の存在を基礎づける基本法を言います。最も重要な意義としては政治権力の組織を定めるのみならず,国家権力を制限して個人の人権を保障することと憲法学上では挙げられています。

では憲法改正をすべきでしょうか?
私見としては現状では改正に消極的です。
憲法96条に改正の手続きについて規定があること、及び国民主権の観点からも憲法は不変のものして変えてはならないものとは私は考えてはいません。

ただ与党の憲法改正の草案を読むと憲法の意義である国家権力を制限して国民の人権を保障するものとは真逆であり全く魅力を感じませんでした。また今までの憲法の箇所で国家にとって都合の悪い部分を修正して提示した感が否めません。
(https://jimin.jp-east-2.storage.api.nifcloud.com/pdf/news/policy/130250_1.pdf)

改正の議論を国民に呼びかけるなら前提として国家権力のことだけでなく個人の人権保障を今まで以上に考えた魅力あふれる草案を提供していただきたいものだなと思っています。

お読みいただきありがとうございました。

===========================
 深堀法務行政書士事務所
 〒852-8112 長崎県長崎市本尾町1‐56
 TEL:095-807‐0022

 FAX:095-849-0421
 E-mail:mp48073110@yahoo.co.jp
 
===========================

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

主な業務地域
長崎県全域、佐賀県、福岡県
業務の内容次第では全国対応可能です。

連絡先 お問合せフォーム